いいだエフエム・iステーション

人と人、地域と人とのふれあい元気ラジオ


NOW
ON AIR
ZAPPA
パーソナリティー: nico

NOW
ON AIR
J-WAVE TOKYO MORNING RADIO
パーソナリティー: 別所 哲也

NOW
ON AIR
モーニングパレット【生放送】
パーソナリティー: 加藤 修司

NOW
ON AIR
STEP ONE
パーソナリティー: サッシャ    寺岡 歩美

NOW
ON AIR
ゆたかさの ゆうゆうトーク
パーソナリティー: 小木曽 豊    丹羽 令

NOW
ON AIR
GOOD NEIGHBORS
パーソナリティー: クリス 智子

NOW
ON AIR
GROOVE LINE
パーソナリティー: ピストン西沢

NOW
ON AIR
Report ターミナル
パーソナリティー: てらだいら ゆき

NOW
ON AIR
JAM THE WORLD
パーソナリティー: 安田 菜津紀

NOW
ON AIR
SONAR MUSIC
パーソナリティー: 藤田 琢己

NOW
ON AIR
SPARK
パーソナリティー: 月替わり

NOW
ON AIR
THE KINGS PLACE
パーソナリティー: never young beach

NOW
ON AIR
J’ S SELECTION
パーソナリティー: オーウェン真樹

番組審議委員会

第51回 番組審議委員会議事録

◆日時 平成28年3月15日(火) 18時30分から
◆場所 飯田商工会館商店街交流ホール
番組審議委員
出席者 長瀬正和さん 小澤恭子さん 小池浩之さん 下平啓子さん 香山幸子さん欠席者 串原一保さん 大蔵政紀さん 佐々木大地さん
飯田エフエム放送株式会社
出席者 小池社長 他4名

 

 

 

 

1.開会宣言
小池専務より、開会宣言を行った。

2.議事内容
各委員の意見・感想(テーマはフリー)

小澤委員より
・1月下旬の「こちりん」を聴いた。「ナンバー2ヒット曲を探せ」のコーナーをはじめ、加藤さんと吉澤さんの掛け合いが絶妙で、吉澤さんの出る所は出て引く所は引くという姿勢がとても良かった。このペアはなんて気持ち良いのだろうと楽しく聴いた。
・2月19日の松枝さんのモーニングパレットで、日本の食品ロスについてお話をしていた。とても興味深く聴いた。続きも期待したい。
・昨年の「音楽のチカラ」で知った地元出身のバンドGLIM SPANKYの情報がいろいろ紹介されていて嬉しく思う。彼らがブラインドサッカーのテーマ曲を歌うと聞いて、目の不自由な方々のブラインドサッカーの存在や、共に世界を目指して行こうというGLIM SPANKYの気持ちも知る事が出来た。番組を聴いていて良かったと思えた。
・2月22日に加藤さんが、お笑い芸人のカンニング竹山さんがやっている政府広報が、オレオレ詐欺に騙されてしまった被害者ではなく、日頃からの連絡を怠っていた離れて暮らす息子の視点で、考えさせられるとコメントしていた。飯田でも実際に詐欺にあってしまった事例もたくさんあり、改めて身近な事として考えられた。
・2月25日の埼玉の強盗殺人犯が飯田に逃走してきた事件では、飯田市危機管理室発表の内容を飯田エフエムが刻々と伝えてくれて、最後には犯人確保の情報も聴くことができ、安心して仕事に出掛けられた。
・朝の占いの吉澤さんの声は、明るくてリズムがあって聴きやすい。
・3月1日の「中学校へGO!」では、吉澤さんが飯田西中学校に取材に行っていた。インタビューのまとめが上手で気持ち良い。
・朝の「おめざめイントロクイズ」は、とても大勢の方が参加して、楽しみにしているんだなという事がよく分かった。自分も楽しみにしている。

小池委員より
・ 元プロ野球選手の清原和博容疑者逮捕の話題について加藤さんが話してした。事件モノの場合は深入りすると色々難しい部分もあるが、この件については、清原元選手が子どもたちの夢を背負っていた部分もあったので、そこに共感しながら想いを喋るのは良いなと思いながら聴いていた。同じくらいの年代だけに説得力があった。
・「こどもといっしょおさんぽ日和」で佐藤さんが、喬木村で上映を予定している、大阪で不登校や障害をを持った子どもを受け入れている学校のドキュメンタリー映画の話をしていた。単純に「子育て」という切り口ではなく、多様な子どもたちを包み込んでいく部分を深く感じて紹介されていた。その紹介の仕方に感心した。
・朝の番組で加藤さんも松枝さんも、朝の様子を意識して空模様などを紹介している中で、「飯田は広いのでここで見える事が全てではありませんが」と添えていて共感できる。遠山中継塔が出来れば余計に必要な意識であると感じる。
・埼玉の凶悪犯が逃走した事件や災害時など、市の防災行政無線が聴きにくい場合もあり、飯田エフエムの放送やアプリでの情報は、命が切迫している可能性がある状況においては「便利」を通り越して極めて重要なツールだと実感した。

下平委員より
・年度末で飯田市でもあちこちで工事が多い。先日も番組で聴いた情報のおかげで工事を回避できた。エフエムさんはありがたいなと思った。
・何年もパーソナリティをされていると、毎年行われる行事は同じだったりするので、話題も同じ物になることも多いと思うが、いつまでも新鮮な気持ちで番組に取り組んでほしいなと思う。
・飯田お練りまつりでは、土曜日に公開生放送も含め6時間の生放送をして頂けるという事で感謝しています。ぜひ、お練りまつりを盛り上げてほしい。

香山委員より
・3月3日の「こどもといっしょおさんぽ日和」で玩具店「ひょうどう」の方が出演し、雛人形の話をしていて、人形の出し方や終い方のアドバイスもあり季節にぴったりで良かった。出来れば、もう少し専門家ならではの知識を教えてもらいたかった。他番組でもそうだが、専門家ならではの視点で私たちの探究心をくすぐる会話や紹介をしてほしい。イベント紹介だけでなく「聴いていて得した!なるほど!」と思わせる番組作りを望みたい。
・お昼の「あいなび使っておっ得だね!」のコーナーは、お店の宣伝をしている感じで違和感がある。コーナーの趣旨は何でしょうか。パーソナリティ自身が気になるお店を紹介する形式にしたら、パーソナリティにも親しみを感じ、お店にも興味を持てる気がします。

長瀬委員長より
・2月の「こどもといっしょおさんぽ日和」で、佐藤さんが2週連続でオープニングでの日にちを間違えていた。そこは確実にしてほしい。
・2月17日の「ゆたかさのゆうゆうトーク」に、元教師で現在はマッサージ師をされている方をゲストに迎えていた。小木曽さんとの会話がフランクな感じで逆に新鮮だった。アットホームでほっとするトークだった。車で聴いていて、目的地に着いたのだが、トークが終わるまで車から降りられなかった。
・お昼の番組で、特に木下くんと佐藤さんに多いのだが、オープニングテーマ曲から喋り出しまでが、いつものタイミングで出てこない。なるべく同じタイミングで喋りだすとリスナーは安心できる。